• ホーム
  • 3大ED治療薬の副作用を比較

3大ED治療薬の副作用を比較

2019年10月12日

ED治療薬は保険の対象外ですが立派な医薬品です。
医学的に認められた効果があるという事は、すなわち副作用の危険が少なからず存在します。
ED治療薬そのもの安全なものです。
しかし服用する方の体調や別の服用しているお薬と組み合わせに注意が必要です。

バイアグラの副作用としてまず挙げられるのが顔がほてってしまう症状や目が充血してしまう症状で、服用者のおよそ90%が感じています。
これらの症状はバイアグラが効いているからこそ出る症状です。
中には頭が痛くなったり、動悸が激しくなったり、鼻が詰まってしまう症状が出ることがあります。
ほとんどのケースで服用後5時間から6時間ほどで改善するようですが、服用後10時間以上続いてしまうときは処方された薬局に相談する事をお勧めします。

レビトラの副作用としてまず挙げられるのがバイアグラと同じように顔がほてってしまう症状や目が充血してしまう症状で、服用者のおよそ90%が感じています。
頭が痛くなったり、動悸が激しくなったり、鼻が詰まってしまう症状もバイアグラと同様に表われることがあります。
またバイアグラと同じくほとんどのケースで服用後5、6時間ほどで改善するようですが、服用後10時間以上続いてしまうときは処方された薬局に相談する事をお勧めします。

シアリスの副作用として挙げられるのが頭が痛くなったり、顔が赤らんだり、身体がほてったり、消化不良を起こすなどの症状があります。
しかし副作用の症状を感じた方は服用者のおよそ30%とバイアグラやレビトラに比べると比較的発症しにくいといえます。

これらのED治療薬は外国産の場合は人によって錠剤の匂いが気になる場合があります。
しかし国産のお薬の場合は配慮されているのかあまり匂いが気にならない場合が多いようです。
また外国のお薬でもフルーティな匂いをつけて匂いが気にならないようにしているものもあります。